スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーリが人並みにスケベな上に猫耳萌えだと…!? 

そんなユーリが大好きだ。

月曜だったか火曜だったか、ヴェスペリアクリアしました。勇気凛々胸いっぱい。
描ききれてない部分もたくさんあったように思うけど面白かったです。
最後のフレンの台詞がなんだか恥ずかしくて痒かったw
いや、今作は格好良いキャラが多くてビックリしたね。
特にシュヴァーン隊の格好良さは半端なかった。騎士の鑑だよ。

ユーリとエステルは確かに恋愛関係にまでは発展しませんでしたが
ニヤニヤしたシーンはいくつかありました。ご馳走様です。

戦闘もフェイタルストライクができるようになってからとっても楽しかったです。超爽快。
バーストアーツはあまり使いませんでした。ヘタなのでよく中断されるんです…。
難易度はノーマルでもなかなか手ごわくて特にボス戦はかなり死ねる。
初のゲームオーバーはエフミドの丘のガットゥーゾ戦でしたね~。
レベル13くらいで挑んだんですけど、勝てないので15まで上げましたよ…。
カロルの回復技にかなり助けられた。
あれはラスボスよりきつい。てかラスボス弱かったよ。
でもサブイベントをこなすと真のラスボスが出てくるらしいので今度がんばるよ。
あ、ちなみにクリア時点でのグレードは1500ちょっとでした。想像よりずっと少なくて泣いた。

ではでは、続きでネタバレなお話をいたしましょう。
長いよ。

っと、その前に拍手御礼。
サイレントポチポチと返信不要のコメントありがとうございました。
気に入っていただけたようで何よりですv

 


前半は「これテイルズ?」と思わせる展開だったけど黒幕が出てきたあたりからは良くも悪くもやっぱりいつものテイルズだった。長い割になんとなく詰め込んだ感がある。
ユーリ転落のところとか、「急だな」と思う展開もちょくちょく見られた。てかユーリが刺されたときは本当に「そこまでするほど!?」ってビックリしたよ。もー、ソディア何してんの。
あとあれだ。結局ユーリは罪に問われたのかハッキリしてもらいたい。
スタッフロールのイラストが後日談だとすれば、お咎めなしに見えるんだけど…
それはちょっとなぁ。あれだけ「人殺しは罪だ」「自分は罪人だ」と言っていたんだから
それこそキチンと「ケジメをつけろ」と思う。
ダングレストの橋の上やマンタイクに佇むユーリの姿はなんとも悲しかったけど。

あとこれは個人的な望みだったんですが、もっとフレンと敵対してほしかったです。
一騎打ちをするのは予想できてたから、何がどうなって対立するのか見たかったんだけど…、対立したのはアレクセイにいいようにされている間だけでしたね。
一騎打ちのあとの二人はなんだか青春してたなぁ 笑 親友という関係はいいね。うん。
てか、秘奥義出そうとしたらカウンター秘奥義くらったんだけど…。
アッシュか、おまえは。

戦闘については、上で殆ど言いたいこと言っちゃいましたね。
フェイタルストライクが楽しかったから、あとはゴチャつきをどうにかしてくれれば特に文句はありません。ゴチャつきっていうか、アレね。巨体のモンスターが操作キャラの前に来ちゃうと見えないのよ。透過処理してほしい。
あとユーリの秘奥義ちょっと長い。

ボス戦は上でもかなり死ねる、と話しましたけど実際クリアまでに戦闘不能回数70~80回くらいになってました。ゲームオーバーになったのはガットゥーゾ戦とエステリーゼ戦(二回目)だけだったけど、戦闘不能を避けるのは無理。めっちゃ死ぬ。特にアレクセイ戦なんか、イエガーとポセイドン(ギガントモンスター)と戦ったあとだったからアイテム殆ど残ってなくて(イエガーは弱かったけど、ポセイドン強かった…)しかもアイツの秘奥義の攻撃範囲は広い。最初の正面攻撃が外れて「ハハw外しよったw」と馬鹿にしてたら横からなんかキタ。そのあとに広範囲攻撃。これで2、3人は死ぬ。しかもそれを三回くらい出された。超死ぬ。更にアレクセイ自身は知らん間にHP回復してやがる。ふざけんな騎士団長。
こっちはこっちで秘奥義出そうと思ってリタをオーバーリミッツさせたら「スペシャル」のスキル付け忘れてた。
ふざけんな自分。

まぁ、そんなわけで、何回も死んだけど楽しかったですよ。
丁度いい難易度でした。そのうちハードでやろうと思います~。
エステリーゼの強さにはビックリした。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今作は珍しく主人公は成長する立場ではなく、他のキャラの成長を見守る、支える、導く、そんなキャラでしたね。良い兄貴だったよ、ユーリ。巷で「お父さん」って呼ばれてるのもうなずけるwんで、お母さんはジュディスなんですよね。本当に今回のパーティーは親子のようだ。
天然な長女エステルと姉よりしっかりした妹リタ、末っ子のカロル。ペットの犬。
おっさんは親戚か近所のおっさん。

おっさんって素の性格はどっちなんでしょうかね。
いや、レイヴンだよね、やっぱり。
シュヴァーンも格好良くて好きだけど、おっさんは下心丸出しで面白くなきゃ。
そのくせここぞって時は格好良いんだよなー。惚れざるをえない人だよなー。
中の人が良い仕事しすぎでした。スキット面白かったしwww

ユーリとおっさん、どっちも同じくらいに大好きです。
もう主要キャラは大体好きだよ。どうしたらいいんだ。

サブキャラではイエガーが良かったなぁ。
おっさんとは意外なところで共通点があったね。キャナリという女性。
結局おっさんはキャナリのこと好きだったのかなぁ。
微妙に否定してたけど、大事に想っているのは確かだよな。
おっさんとイエガーが想う女性、どんな人だったんだろう。
てかキャナリはイエガーのことが好きだったみたいだけど(恋人だったのかな?)あんな常にルー語を喋る人、面倒くさくないだろうかw
人の好みってわからんもんよね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maromado.blog78.fc2.com/tb.php/368-8e91cdb8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。